美術品の出張買取はおぐりへ

買取品目

このような状況のお客様は是非一度お気軽にお問い合わせくださいませ

引越し、建て替え、解体などをされる時。
遺品整理、遺産相続などで困った時。
持っている品物の価値が分からない時。
どんな物でもかまいせんので、まずは是非一度、ご相談下さいませ。

買取品目一覧

骨董品

骨董品
骨董品の種類
古陶磁器全般信楽焼備前焼伊賀焼丹波焼珠洲焼常滑焼渥美焼唐津焼九谷焼伊万里焼朝鮮中国陶磁器土器全般更紗着物ガラス古銭武具浮世絵蒔絵象牙鉄瓶銀瓶中国美術朝鮮美術…etc.

pagetop

骨董品についての豆知識

古い物が高価な値段で売れるという事はありません。
保存の仕方が良い物はそこまで古くなくても高く買い取れますし、逆に古い骨董品でも保存状態が悪いと安くなってしまいます。

また、市場に多くでまわっている物だと古くて保存状態が良い物でも安価になりがちですが、逆に保存状態が悪い物でも市場にあまりなければ、希少価値が高くなります。
特に重要なのが本物か偽物かの違いです。

一般の人には特に見分けがつきにくいと思いますので、家に眠っている骨董品や美術品の価値が知りたいと思っている人や本物か偽物かどちらか知りたいという方でもお気軽にご相談下さい。
全国どこでも査定無料!出張費用無料でどんな物でも買い取りいたします。

茶道具

茶道具
茶道具の種類
茶碗風呂先屏風水指茶杓花入茶巾茶入蓋置建水香合掛物振出し菓子鉢水注炉緑茶箱表千家裏千家遠州流煎茶道具…etc.

pagetop

工芸品

工芸品
工芸品の種類
金製品銀製品象牙ソトグラフ民芸品

pagetop

工芸品についての豆知識

工芸品とは普段使っている物に芸術的な要素を取り入れた物の事を言います。
だいたいの作品は繊細な手作業で作られており高価な作品が多いが鑑賞目的で作られる芸術品とは違い実用的に使う事を目的として作られています。
しかし芸術品と工芸品の認識は人によって違いがあり、実用的に使うことを目的とし作られていますが、観賞用として使用する人も多いのが工芸品です。
工芸品が高価な理由としては材質の選び方、様々な工程での高度な技術や経験が必要であり人件費がかかってしまう点と大量生産できるものと違い一つずつの手作業で作っている為市場に流通しておらず希少価値が高くなる点があります。

その他

その他
その他
贈答品など処分される時にはお気軽にご相談ください。

pagetop

西洋美術

西洋美術
西洋美術の種類
マイセンセーブルウェッジウッドKPMロイヤルウースターコペンハーゲンノリタケヘレンドリモージュドームガレラリックバカラワルターブロンズ時計…etc.

pagetop

西洋美術についての豆知識

西洋美術で有名なのがドイツのマイセン地方で作られている「マイセン」と呼ばれている陶器です。
もともとは東洋で作られていた白磁を真似して作ったもので17世紀の西洋ではとても人気がありました。

白磁のデザインでとても有名なのが「ブルーオニオン」と呼ばれる作品です。 青いザクロが特徴の磁器が東洋から西洋に流通された時にザクロをたまねぎと間違えた事からこの作品が生まれました。

初期のマイセンは東洋のデザインを真似ているので伊万里の影響を受けていているデザインが特徴的ですがのちにヨーロッパのロココ調の作品が人気の作品となります。

贋作を防止する方法として、2本の剣のマークを使用するようになりました。
時代によって剣のつばや傾き方などが変わってきます。
偽物は剣のマークと作られた時代が一致していません。

絵画

絵画
作家名
梅原龍三郎岸田劉生藤田嗣治岡鹿之助熊谷守一須田国太郎小磯良平萩須高徳宮本三郎山口薫香月泰男棟方志功竹久夢二東郷青児小林和作中川一政三岸節子池田満寿夫林武西洋絵画全般…etc.

pagetop

絵画についての豆知識

絵画とは、定められた描画方法をとり人や風景を平面に書いた物のことを言うが、厳密な定義は曖昧です。
あえて定義するとすれば、支持体に絵具などを筆で塗布したものであるが、そうすると有名なフレスコ絵画は絵画でないことになります。

有名な日本絵画としては第二次世界大戦後から昭和の終わりまで活躍した梅原龍三郎の「坐裸婦」や「大仁富士」。
大正から昭和のはじめに活躍した岸田劉生の「自画像」や「道路と土手と塀」。
京都出身の画家、藤田嗣治の女と猫を題材とした絵画などが有名である。

掛軸

掛軸
作家名
尾形光琳浦上玉堂池大雅与謝蕪村伊藤若沖円山應擧田能村竹田曾我蕭白森狙仙雪舟如圭雪村一寧一山慈雲白隠酒井抱一菱田春草富岡鉄斎今尾景年速水御舟横山大観上村松園川合玉堂前田青邨鏑木清方橋本関雪川端龍子堂本印象小杉放菴池田遙邨青木大衆東山魅夷奥村土牛杉山寧小倉遊亀上村松篁山本倉立武者小路実篤中国掛軸朝鮮掛軸韓国掛軸…etc.

pagetop

掛軸についての豆知識

書道の作品や日本絵画を紙などで表装し、壁や茶室に掛けて鑑賞するものを掛軸といいます。

日本古来からある装飾品ですが元々は中国で作られたのが始まりで、桐箱にいれた際の持ち運びの利便性や多く作られる点などから仏画の普及用に使用され広まりました。

日本では鎌倉時代に水墨画が流行ったため仏教の仏画をかざる時代から花鳥風月の水墨画を更に良い状態で楽しむための保管品として使われるようになったのです。

室町時代からは茶室で水墨画の掛軸がよく見られるようになりました。
かの有名な千利休が茶室に掛軸は必要だといったため茶をたしなむ人達の間で急速に広まり来客者や季節を考慮に入れ掛軸を使用する習慣が生まれました。

現代作家

現代作家
作家名
平櫛田中澤田政廣板谷波山富本憲吉北大路魯山人楠部彌弌加藤唐九郎荒川豊蔵藤本能道金重陶陽河井寛次郎石黒宗磨加藤土師萌清水大兵衛三輪休和三輪休雪浜田庄司中黒無庵加守田章二岡部嶺男永楽和全伊藤陶山八木一夫酒井田柿右衛門鈴木治今泉今右衛門塚本快示徳田八十吉大樋長左衛門永楽妙全松田権大柴田是真音丸耕堂堆朱楊成山崎覚太郎加納夏雄海野勝珉後藤一乗角谷一圭秦蔵六竹影堂榮真芹沢銈介岩田久利鹿児島寿蔵平田郷陽田邊竹雲斎…etc.

pagetop

査定費用・出張費用すべて無料!全国まで出張します!tel:0568-65-9098/090-5066-6176,営業時間:9:00~20:00,年中無休

メニュー項目

買取商品ギャラリー

artのBusiness trip purchaseをしている当店です。
〒485-0003
愛知県小牧市大字久保一色3548番地5

どんな美術品でも出張買取します!茶道具や絵画(日本画、洋画)や掛け軸、象牙や和服など美術品ならなんでも買い取っています、売れるかわからない物は気軽に聞いて下さい。
営業時間/9:00~20:00
年中無休
tel:0568-65-9098/090-5066-6176
メールフォーム

PAGE TOP